ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ「忍者ハットリくん」

忍者ハットリくん 0000 忍者ハットリくん 0001

■ジャンル  アクションゲーム
■開発元   ハドソン
■発売元   ハドソン
■発売日   1986年3月5日


漫画「忍者ハットリくん」を題材にした横スクロールアクションゲームです。
売上本数から見ると150万本というヒット作でした。

一定長でステージ毎に区切られたエリアを、各種の忍術を使って甲賀忍者たちの
妨害を避けながら進んでいきます。
漫画の中では敵対するキャラクターのケムマキは、雲に乗って上空からハットリくん
の体力を回復するハートを落としてくれる、お助けキャラとして登場します。

各ステージの最後はボーナスゲームとなっており、シンゾウがどんどん投げ付けて
くる「ちくわ」を取ると得点アップ。「ちくわ」に紛れ込ませて投げられる「鉄アレイ」に
触れると、しばらく動けなくなります。

忍術には「影走りの術」「高飛びの術」「水ぐもの術」「ムササビの術」など全12の
多彩な種類があり、これらを有効に使うことが攻略のポイントになります。

いろんな要素があって楽しげな雰囲気なのですが、触れると残りの体力に関係なく
即アウトになる敵がいたり、ゲームとしてはシビアで難易度が高かったですね。

また、ゲームの中でのハットリくんは足が遅く、ジャンプ力が低く、動いたら急には
止まれないと、あまり忍者らしい動きではなくて、操作性は お世辞にも良いと言える
ものではありませんでした。
アクション不得手の私は例によって、なかなか先のステージに進むことができません
でしたね。

状況によってパワーアップ技能(忍術)を使い分けることができるというのは、当時の
アクションゲームとしては珍しく、ゲームの要素としては良いものがありました。

もう少しだけ操作性が良くて、難易度的にも抑制されていれば、さらに楽しくプレイ
することができたのではないかと思います。ちょっと残念。


■総合評価 ★★☆
■思い入れ ★★☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/97-bf461f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。