ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ(ディスクシステム)「謎の村雨城」

謎の村雨城0000 謎の村雨城0001

■ジャンル  アクションアドベンチャー
■開発元   任天堂
■発売元   任天堂
■発売日   1986年4月14日


ディスクシステムとしては、ゼルダの伝説に続く第2弾のソフトです。

舞台は江戸時代、村雨城と呼ばれる城に、謎の宇宙生命体が取り付いた...
という背景から、村雨城下に送り込まれた、主人公の剣法指南役の青年剣士・鷹丸の
戦いが始まります。

見下ろし型の視点で、画面切り替え方式のアクションゲームです。基本的にプレイヤー
キャラクターの成長という要素はなく、アクションが主体のゲームとなっています。

青雨城・赤雨城・緑雨城・桃雨城そして村雨城と、5つのステージで構成され、それぞれ
広大なマップの中を、パワーアップアイテムを活用しながら、各城主を退治していくことが
目的になります。

難易度は高めでしたので、例によって私の腕前では、緑雨城までも行き着けなかった
ような気がします...

ディスクシステムの第1弾である「ゼルダの伝説」の出来があまりにも良かったので、
いろんな面で不遇な作品だったかもしれません。

しかしゲームとしては、完成度の高い良作だったと思います。
当時は私はまだ小学生でしたが、こういったゲームが書き換えシステムで、お小遣いの
範囲でも遊ぶことができたんですよね。良い時代でしたね。

⇒ゲームプレイ動画 - 達人の技!(YouTube)


■総合評価 ★★★☆
■思い入れ ★★★

コメント
この記事へのコメント
斜め移動出来ない事について、ゼルダはそんなに気にならないのに、村雨では結構気になったんです、確かに同時発売のソフトが良すぎましたね。

じつは個人的に城のBGMは未だに好きなFCBGMの一つです。
2009/03/10(火) 16:51 | URL | そうてん #-[ 編集]
そうなんです。アクション要素が強いので、斜め移動ができないのが
余計に気になりました。

本作に限らず、ディスクシステムでは優れたBGMのゲームが多かった
ですよね。
2009/03/10(火) 22:48 | URL | kay #0rSuHWYc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/93-4d3af44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。