ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーファミコン「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」

Fire Emblem 4 - Seisen no Keifu (J)_000 Fire Emblem 4 - Seisen no Keifu (J)_001

■ジャンル  シミュレーション
■開発元   インテリジェントシステムズ
■発売元   任天堂
■発売日   1996年5月14日


ファイアーエンブレムシリーズ、ファミコンでリリースされた作品から数えると、第4作目
になります。

ゲームは2部構成で、1部に男女のキャラが恋に落ち、その組み合わせによって2部に
登場する子供たちの能力が変化するという...
初めてプレイした時は、いろんな意味で衝撃を受けました。

システム的には、前作までとは多くの変更が見られますが、各ターンの最初にセーブ
できるようになったことによって、プレイしやすくなりましたね。

登場するキャラたちは、敵キャラを含めて、それぞれ魅力的でした。
特にアルヴィスやトラバントなど、敵キャラの個性・魅力という点では、シリーズ随一
だったと思います。

味方でも、2部で再登場したフィンは渋くて好きでしたね。
能力的には、聖戦士の血を引く子供世代たちにどんどん抜かれていくのが寂しいですが...

しかし、何度も何度もプレイしました。
ゲーム開始時はいつも、今回はいろんなカップリングを試そうと思うのですが、どうしても
フュリー×レヴィン、ティルテュ×アゼルあたりは、ついつい固定してしまうんですよね...


■総合評価 ★★★★☆
■思い入れ ★★★★★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/9-75df7826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。