ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここまでファミコン中心でしたが、スーファミのソフトについても、ぼちぼち
書いていこうと思います。

さて、いろいろなゲームを思い出しながら感想などを書いているわけですが、
BGMに関しては、昔のゲームのものほど印象に残っているものですね。

ファミコンのゲームのBGMであれば大抵は記憶に残っていて、タイトルを
思い浮かべると同時に頭の中で音楽が流れ出すのですが、スーファミ以降
のゲームになると、よほど思い入れが強いものしかそうはいきません...

ファミコンは音源が貧弱な分、メロディラインが強くて印象に残りやすかった
のかもしれませんね。
もっとも記憶力も感性も、どんどん老化していってますし(悲)...

コメント
この記事へのコメント
もう一つは曲数が増えすぎたせいで、繰り返し聞く事が減り、メロディーが記憶に残りにくくなった、というのも一因でしょうね~。
プレイヤーはシンプルなメロディーラインを繰り返し聞く、クリエイターはそれを前提に作る、そういうのも良い音楽が生まれる理由だったのかも知れません。
2009/02/23(月) 14:02 | URL | そうてん #UyDaNXrA[ 編集]
確かにゲームの進化(大袈裟ですが)とともに、1作品の中で流れる音楽が
どんどん増えていきましたもんね。1曲ごとのクオリティも高いですし...
いずれにせよクリエイターさんたちの努力の賜物、プレイヤーにとっては
喜ばしいことです。
2009/02/24(火) 23:11 | URL | kay #0rSuHWYc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/73-ac2493cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。