ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ「燃えろ!!プロ野球」

燃えろ!! プロ野球0000 燃えろ!! プロ野球0001

■ジャンル  スポーツゲーム
■開発元   トーセ
■発売元   ジャレコ
■発売日   1987年6月26日


ファミスタに対抗し、リアルなビジュアルを売りにした野球ゲーム。
通称「燃えプロ」ですね。
発売前から話題で、多くの人と同じく(?)私も期待して購入しました。

野球中継のようなピッチャー側からの視点、各選手の投球・打撃フォームの再現、
投手交替時のリリーフカー、デッドボールの際の乱闘、アンパイアの判定の音声...
などなど、随所にリアル指向のこだわりが見られました。

一方で操作性には難があり、守備では選手がグラウンド上を滑るような感覚が
ありました。気を付けないと悪送球も頻発し、慣れるまでは、アウトを一つ取る
のも大変でした。

他にも、バントの構えからホームランを打てたり、ファールの直後はどんなボール
球でも必ずストライクと判定されたりという怪現象も、有名ですね。
八木選手(代打の神様)の足が異常に速かったのも、怪現象の一つでしょうか。
阪神ファンの私にはナイスな仕様でしたが。

見た目のリアルさの反面、ゲームの作りが崩壊しているが故に、今日に至るまで、
多くの人から様々に(良くも悪くも)評価されています。
それもまた、それだけ多くの人にプレイしてもらい、印象に残っているということ
であり、ある意味、幸せなゲームであることは間違いないですね。

何とか言いながら、私も結構な回数プレイしました。


■総合評価 ★★
■思い入れ ★★★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/49-a0acf612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。