ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーファミコン「ドラゴンクエストⅥ 幻の大地」

ドラゴンクエストⅥ 幻の大地_000 ドラゴンクエストⅥ 幻の大地_001

■ジャンル  ロールプレイングゲーム
■開発元   ハートビート
■発売元   エニックス
■発売日   1995年12月9日


「ドラゴンクエストVI 幻の大地」はエニックスから発売されたロールプレイングゲームで
あり、ドラクエシリーズの第6作です。
スーパーファミコンで発売された同シリーズ最後の作品、私のドラクエ歴も本作が最後
となります...

さて、天空シリーズの3作目として位置づけられている本作のテーマは「発見」であり、
主人公たちは2つの世界を行き来しながらストーリーを進めるというものでした。

熟練度をベースにした転職システムは、ドラクエⅢのシステムにおけるデメリット部分
(転職するとレベルが1に戻り、パラメータが半減してしまう等)を改善し、上手くアレンジ
させたという感じのものです。

最終的にはどのキャラも同じような呪文・特技を身に付けられることから、キャラの個性
が無くなってしまうといった批評もありますが、私はけっこう気に入っているシステムで、
全キャラに全職業をマスターさせたくなってしまうんですよね。
そこまでやるには膨大な時間が必要なので、実際はできませんでしたが...

町や城、ダンジョンでの歩行速度が早くなったり、コマンド選択等の操作性がさらに良く
なったりと、プレイのしやすさという点では、文句の付けようがありません。
グラフィックも、立体感が出てかなり強化された感じがありましたね。

ボリューム的にも、シリーズ作品の中では随一だと思いますが、ゲーム中盤以降は
「自分探しの旅」といった感じで、いろいろなエピソードを細切れで体験していくことに
なるため、全体的な印象としては希薄になってしまった感もあります。

いずれにせよスーファミのRPGとしては最高峰の出来の良さであり、私自身も時間を
忘れてプレイに没頭したものです。
クリア後に一度は中古屋に売ったものの、しばらくするとまたプレイしたくなって、再度
中古で購入したということもありました。

いろいろと批評されたりもしていますが、個人的にはやはり名作だと思います。

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★★★
■思い入れ ★★★★☆

コメント
この記事へのコメント
私はドラクエはⅠとこのⅥが好きデス☆
Ⅵは物語りが奥が深くて、哲学的な感じもして、夢と現実の世界を行き来するっていうのもなんかイイと思いました(´ー`)
転職システムもお気に入りでした☆
今度DSで出るのもちょっと楽しみデス☆☆
2009/04/28(火) 14:05 | URL | ノンノ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/147-daba2cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。