ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーファミコン「ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙」

ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙_000 ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙_001

■ジャンル  ロールプレイングゲーム
■開発元   データイースト
■発売元   データイースト
■発売日   1992年4月24日


「ヘラクレスの栄光」シリーズ第3作は、スーパーファミコンで登場です。

ある時、目覚めた主人公にはそれまでの記憶がなかった。その代わり、彼には不思議な
能力が備わっていた。どのような高い所から落下しても死ぬ事はなく、不死身だったのだ。
自分は一体何者なのか。唯一の手がかりは、繰り返し見る不思議な夢だけ。夢の場所を
探して、主人公は旅に出る。
...というのがストーリーの導入部分となります。

システムはオーソドックスなコマンド選択式であり特に目新しい要素がなく、グラフィックも
目立って奇麗というほどではありません。当時としては、至って「普通」のRPGでした。

一方、ストーリーに関しては「自分は何者か」を探す旅というテーマで進行しますが、中盤
から終盤に掛けて物語は意外な展開を見せていくことになります。

WIIのバーチャルコンソールでも配信されており、今から初めてプレイする方もおられるかと
思いますので(私の文書力の問題で、素晴らしさを巧く伝えることができないというのもあり
ますが...)、具体的なストーリーの紹介は差し控えさせていただきますが、数あるゲームの
中でも最高峰のストーリーとされ、現在でも高い評価を受けることが多いです。

ゲーム前半は少々退屈さを感じるかもしれませんが、後半にかけての展開は見ごたえ
十分です。データイースト渾身の作品ですね。

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★★☆
■思い入れ ★★★★

コメント
この記事へのコメント
普段RPGはあまりプレイしませんが、このⅢは何度もやりました。
シナリオはホント秀逸ですよね!
様々な伏線に後半の展開は当時衝撃でした。
世界観にサウンド・・・特にフィールドから戦闘に切り替わるSEが緊張感を高め気分を盛り上げました!
もうDQ・FFなんて目じゃない!!

※思い入れ強すぎでベタ褒めしすぎですね(笑)
2009/04/12(日) 00:02 | URL | 僕。 #-[ 編集]
>僕。さん

システム的な目新しさがないので、序盤は普通のRPGという感じ
ですが、徐々に引き込まれていきましたね。
サウンドも確かに良かったですね。

2009/04/12(日) 18:09 | URL | kay #0rSuHWYc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/129-8f6d1a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。