ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ「バイナリィランド」

バイナリィランド 0000 バイナリィランド 0001

■ジャンル  パズルアクションゲーム
■開発元   ハドソン
■発売元   ハドソン
■発売日   1985年12月2日


「バイナリィランド」は、ハドソンから発売されたパズルアクションゲームです。元々はPC
用で発売されており、その移植だったようですね。

仲良しのペンギン、グリン(男の子)とマロン(女の子)が、ある日魔法の森のなかにある
鏡の迷路に閉じこめられてしまいます。
鏡の迷路から2羽揃って脱出することがゲームの目的です。

中央で2分割された画面の下部、左と右にそれぞれプレイヤーが操るペンギンがいる
状態から始まります。
2羽のペンギンを操作して、2羽を同時に画面上部のハートに触れさせれば一面クリア
です。全99面、ボリューム充分ですね。

2羽のペンギンは左右対称な動きをし、十字キーの右を押すと画面右側のペンギンは
右に動くが画面左側のペンギンは左に動き、十字キーの左を押すと画面右側のペンギン
は左に動くが画面左側のペンギンは右に動きます。

各面は画面の右部と左部で形状の異なる迷路になっており、敵キャラの妨害をかわし
ながら、2羽のペンギンをゴールに導く必要があります。

ゲームのルールはシンプルです。しかし、左右のペンギンが対称に動くという操作方式
は、余裕があるうちは良いのですが、先の面に進んで敵キャラの邪魔が激しくなると、
だんだんパニックになってきますね。

我が家では母親もプレイしていましたが、案外上手だったんですよね。
個人的には結構好きな作品です。

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★☆
■思い入れ ★★★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/126-181bcc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。