ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ「ピンボール」

ピンボール 0000 ピンボール 0001

■ジャンル  アクションゲーム
■開発元   任天堂
■発売元   任天堂
■発売日   1984年2月2日


「ピンボール」はその名の通り、ファミコン初期の頃に任天堂から発売されたピンボール
ゲームです。

上下2画面構成でフリッパーは各画面に1対ずつ配置されています。特定のホールに
ボールが入ると、板状のものを持ったマリオがボーナスステージに突入します。
ブロックくずし風にボールを打ち返しながら、ビンゴ風にランプの色の列を揃えてレディの
足場を崩していきます。最終的に落ちてきたレディを受け止めるとボーナス得点が加算、
逆に受け止められないと、ミス
扱いになってしまいます。

それ以外は至極スタンダードなピンボールゲームそのものであり、あまり書くことがなくて
困ってしまうのですが...

私の場合は、友人に借りたカセットをいつまでも返さず、ずっと家にあったような記憶が
あります。
シンプル・イズ・ベスト、あまり難しいことを考えずプレイするのに向いている、安心して
遊べるゲームだと思います。
うーむ、やはりあまり書くことがないですね...

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★☆
■思い入れ ★★

コメント
この記事へのコメント
このゲームは本当にピンボールゲームそのものでした。
どれだけ粘れるかだけでしたが、単純に面白かったです。
いろいろな物に勢いよくボールがぶつかって一気に点数が増えて行った時は気分が良かったです。
2009/04/16(木) 13:26 | URL | トンヌラ #-[ 編集]
>トンヌラさん

単純なだけに、安定して遊べる感じがしますよね。
いかにも、古き良き時代のファミコンソフトという気がします。


2009/04/17(金) 23:38 | URL | kay #0rSuHWYc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/125-6cf56630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。