ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーファミコン「ライブ・ア・ライブ」

ライブ・ア・ライブ_000 ライブ・ア・ライブ_001

■ジャンル  ロールプレイングゲーム
■開発元   スクウェア
■発売元   スクウェア
■発売日   1994年9月2日


ライブ・ア・ライブ (LIVE A LIVE) はスクウェアから発売されたロールプレイングゲーム
です。

短編に独立したシナリオを進めていく、オムニバスRPGの形式をとっており、ゲーム
開始時は7つのシナリオの中から任意に選択してプレイすることができます。

選択できるシナリオは「西部編」「近未来編」「現代編」「SF編」「功夫編」「原始編」
「幕末編」と、それぞれ時代や背景設定が全く異なる、バリエーションに富んだものと
なっています。

操作方法は統一されていますが、幕末編では城の仕掛けをパズル的な要素で突破
していったり、西部編では襲来する敵に備えて罠を仕掛けたりと、シナリオごとに
ルールが異なっており、それぞれ違ったゲームであるかのような雰囲気で楽しむこと
ができました。

戦闘システムは「チェッカー・バトル」と呼ばれ、マス目で区切られたボード上に敵・
味方両方のキャラクターが配置され、各キャラクターは移動後に攻撃手段と対象を
選ぶことで攻撃するという形式です。
戦略シミュレーションにおける戦闘を簡略化したような感じですね。

7つのシナリオをクリアすると、「中世編」をプレイすることになります。この中世編は
オーソドックスなタイプのRPGとなっています。
これをクリアすると、さらに各編の主人公達が一堂に会する最終シナリオへ進みます。

一つ一つのシナリオはさすがに、少々小粒な感じも受けますが、それぞれ趣向が
異なっていてどのシナリオも十分に楽しめます。
シナリオによっては、ファミコンソフトとしてならそれだけで1本のゲームとしても通用
するものもあるかもしれませんね。

さすがにスクウェアが最も勢いのあった時期に開発されたRPGであり、良くできた作品
だと思います。

⇒オープニングデモ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★★
■思い入れ ★★★★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kay72234.blog14.fc2.com/tb.php/117-2d7b42fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
??У???о?
2010/05/10(月) 20:33:17 | ?ά
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。