ファミれびゅ★ ~ファミコンレビューの部屋

ファミコン、スーパーファミコン等、懐かしい家庭用ゲーム機ソフトのレビューなどを思いのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファミリーコンピュータ「MOTHER(マザー)」

Mother(マザー)0000 Mother(マザー)0001

■ジャンル  ロールプレイングゲーム
■開発元   パックスソフトニカ
■発売元   任天堂
■発売日   1989年7月27日


NINTENDO64の3作目で完結となった「MOTHER」シリーズ1作目となる作品です。

ファミコンでもRPGが次々と発売されつつあった当時、多くのRPG作品が中世を
モデルとした剣と魔法の世界観を持っていましたが、その中で現代のアメリカを舞台
にしていた点が特徴的でした。

コピーライターの糸井重里さんがゲームデザインを手掛け、
「エンディングまで泣くんじゃない」というキャッチコピーも話題になりました。
個人的には、真っ赤なパッケージデザインも独特で印象的でした。

移動手段が汽車(電車?)であったり、装備品は剣や鎧ではなく、フライパンやバット
だったり、戦闘で得たお金は口座に振り込まれたりと、現代アメリカという世界観に
合わせた形になっていました。
それ以外のコマンド入力型の操作、ターン制の戦闘といった部分はドラクエのスタイル
に極めて近く、良い意味では安心・安定してプレイできると言えるでしょう。

ネットで調べてみて新たに知ったのですが、ゲームに登場する町の名前はアメリカの
祝祭日や記念日に因んで名付けられていたんですね。

敵キャラも愛嬌がありゲーム全体として殺伐感は一切なく、ほのぼのとした牧歌的な
雰囲気には個人的に非常に好感が持てました。
ゲームの雰囲気に合ったサウンドも素晴らしかったですね。

今となっては、ストーリーやゲーム内容、そして一般の評価も非常に高いエンディング
すらも忘れてしまっていますが、プレイしていた当時のワクワク感、高揚感は印象強く
残っています。

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★☆
■思い入れ ★★★★

スポンサーサイト
ファミリーコンピュータ「スーパーマリオブラザーズ3」

スーパーマリオブラザーズ3 0000 スーパーマリオブラザーズ3 0001

■ジャンル  アクションゲーム
■開発元   任天堂
■発売元   任天堂
■発売日   1988年10月23日


任天堂の超人気アクションゲームシリーズ、スーパーマリオブラザーズの第3弾です。
前作の2はディスクシステムでしたが、今回はROMカートリッジでの登場でした。

本作で変わった点としては、まずワールドマップが採用されている点。スゴロクのような
マップ上に各ステージが配置されており、マップ上の道を移動して好きなステージを
進むことができるようになっています。

いくつかのステージが集まって1つのワールドを構成しており、8つあるステージは
「草原の国」「砂漠の国」「巨大の国」「氷の国」などなど、それぞれが異なる特徴を
持っていました。
見た目の雰囲気やマップ画面のBGMが各々異なることに加え、アクション面のでも
ステージごとに特徴のある仕掛けが凝らされており、見た目でもプレイする上でも実に
楽しいものです。

アイテムによるパワーアップのバリエーションも格段に増え、ファイアマリオ以外にも
しっぽマリオ・タヌキマリオ・カエルマリオなどなど、非常に多彩な姿を見ることが
できました。

基本操作は前作まで同様の十字キー操作とBボタンのダッシュ、Aボタンのジャンプを
ベースに、ダッシュを続けてパワーメーターを一杯にすることでさらに速い走行が、さらに
しっぽマリオやタヌキマリオの状態では、一定時間空を飛ぶことが可能となりました。
また、Bボタンで物を持ったり投げたりするアクションも追加になっています。

新しいシステムや要素が数多く登場、ミニゲームも散りばめられており、ステージも
大幅にグレードアップと、やり甲斐は申し分ありません。
ファミコンの性能を極限まで引き出しているという感じを受けますね。

前作までは根性でクリアした私でしたが、残念ながら本作はクリアすることができず...
難点を挙げるとすれば、圧倒的なボリューム・内容の一方で、セーブ機能がないという
ことでしょうか。
ともあれ、ファミコンのアクションゲームとしては最高水準の出来だと思います。

⇒ゲームプレイ動画 (YouTube)


■総合評価 ★★★★☆
■思い入れ ★★★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。